未来を創造する大阪万博シンポジウム

「祝万博!新産業創造&夢洲まちづくり産学公共創シンポジウム」
 ~万博と成長型IRが大阪・関西の未来を拓く~

1級氣質診断士の朏律子先生に紹介されて、理事長と理事の3人で参加してきました。
今日の記事は長いですが、最後まで読んで頂けると幸いです。

昨年7月にIR整備法が成立し、11月に2025年国際博覧会の開催地が大阪に決定した瞬間は
テレビでも中継で報道され、やっと関西にも明るい話題が決まった!と喜びましたが、
具体的にどんなものになるのか知りたくて申込みました。

大阪万博が理想の形になるように、多彩な企業と大学・大学院が一緒に、
産学公共創で新産業創造&夢洲まちづくりを進めるキックオフの意味を持つ
シンポジウムでした。

すでに30社近い企業が参加する、夢洲新産業創造研究会の部会スピーチで
大阪万博のテーマや今後の課題が発表されましたが、
一番面白かったのは、その後のパネルディカッションでした。



大阪大学心臓血管外科学教授の澤芳樹氏や
知能システム構成論講座教授の石黒浩氏が参加した、
最先端医療とロボット技術の融合が実現する未来の話は
とても興味深い内容でした。

例えば澤教授が提案された
キッザニアの高齢者版「ジジザニア」は
認知症の人が安心安全に好きなだけ徘徊できるゾーンがある施設で
認知症の予防や改善のためのデータ収集もするというものでした。

個人情報の問題はありますが、ご本人も介護するご家族も医療関係者にとっても
意味のあるサービスではないかと思います。



また、人間型ロボット開発では世界的権威の石黒教授が言われた
ロボット技術が進む一方で、人とは何かということをもっと深く議論されるだろう
この言葉は、とても印象に残りました。

最後にIR事業者3社によるプレゼンテーションが行われました。
IR事業においては、特にギャンブル依存症や安全面などが問題になっていますが
氣質でギャンブル依存の傾向性も分かるようになれば、
IDカードのデータに病歴などと合わせて判断され、
カジノの利用金額や頻度が制限されると健全度が高くなるかもしれないねえと
理事長と話しをしました。

そういう未来が見えたシンポジウムでした。

シンポジウム後の情報交換会では
IR事業のプレゼンをされた企業のTOPにも
勿論、氣質の紹介をしてきました。


日本MGMリゾーツ代表執行役員兼社長のジェイソン・ハイランド氏と
日本語がとても堪能な方でした。



メルコリゾーツ&エンターテイメント社
ブランド・エンターテイメントリテール最高責任者
フレデリック・ウインクラー氏にも
理事長が英語で説明し、「その通り~!」と言われました。

~多様で心身ともに健康な生き方、持続可能な社会・経済システム~
を掲げる大阪万博が提示する「いのち輝く未来社会」でも
氣質は広がっていくと改めて思えた時間でした。

*********************************
氣質って何?と思われた方は、メルマガ登録をしてみて下さい。
説明のステップメールが11日間届いた後は、月2回お得な情報や氣質予報をお届けします♪
メルマガお申込み
https://www.agentmail.jp/form/h/11398/2/

ご自分の氣質って何?と興味をお持ちの方は、
氣質診断依頼も受け付けています。
お申し込み:
https://vtckishitsu.thebase.in/
?Gg[???ubN}[N??