ウロボロス的陰陽五行思想



自らの尻尾を咥える蛇(あるいは龍)それがウロボロス。
始まりも終わりもないものの象徴とされています。
あらゆるものが次元が変われど相似で繋がっている、
そんな思想を具現化したものとも言えます。

陰陽五行のおなじみの五角形の中にも、
木火土金水の五角形が存在し、その中にもまた
木火土金水の五角形が存在し、ミクロへ
どんどん続いていくのが陰陽五行思想。

同じく最初の五角形の外側にも
木火土金水の五角形が存在し、そのまた外にも
木火土金水の五角形が存在し、マクロへ
どんどん続いていくのです。

ウロボロス的に始まりも終わりもない、
それが陰陽五行思想でもあります。

季節も五行に例えられるのですが
その始まりがいつで終わりがいつか
分からないですよね。

方位も五行に例えられるのですが
地球という限られた面積の上でも
果ては存在するのか難しいところです。
北をずっと目指していたら気づけば
最初の南と思っていた場所に到着していたかも。
それってまさに陰が極まれば陽になるってこと???

宇宙論が大好きな本日ブログ担当の代表松岡は
壮大な宇宙論のドキュメンタリーでも
陰陽五行思想を発見し嬉しくなります。

ビッグバン後に生成された原子が
今も”リサイクル”というか、全ての宇宙に広がる
物質の源になっているんですよ。

星の輝きも 青色の星が寿命とともに温度が下がり赤色矮星になり
(それだけではないですが今回は単純に)
白色矮星になり、そして理論的に黒色矮星もあるはずだと
宇宙論が推測していることも「五行の色の変化だ!」と
嬉しくなっています。
黒=水が最後に推測で出てくる辺りもたまりません!

古からの知恵の陰陽五行思想を
単なる占いのように活用するのではなく
もっともっと広い時空で改めて捉え直して
そして次の世代へ繋げたい、
それが氣質診断士協会の願いです。
?Gg[???ubN}[N??