木の氣質って



企業の売上アップに繋がる人間関係向上研修が得意な協会理事の今津知那美です。

氣質は、木・火・土・金・水の5つの要素があって
それぞれプラス(陽)とマイナス(陰)があるので
合計10個のタイプに分かれます。

今日は、木の氣質ってどんな人?のお話です。

「木」は、5つの要素の最初の氣質なので、何かを始めたり、理想や理念を
掲げるのが得意です。

目的を決めてコツコツ頑張る努力の人でもあり、裏表がなく基本真面目。
家族や職場に「木」の人がいると、目的やルールを早く決めてくれます。
思ったらすぐ行動!が好きなので、動きながら考えるタイプ。
事業やプロジェクトの立上げ期には、とても頼りになる存在です。



好きな言葉は「べきでしょ」。
理論的で、こうあるべきといった固定観念で人を見るので
権威的になる傾向があります。

あなたの周りで、「べきべき」言ってる人がいたら
かなりの確率で「木」の氣質の人かもしれませんよ。

「木」の氣質にも、プラスとマイナスがあってエネルギーのタイプが違います。
プラスの「大木」とマイナスの「草花」ですが、この違いはまた別の日に続く、、。
?Gg[???ubN}[N??